​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​

Walter Cut 溝入れ加工

Walter Cut 溝入れ工具システム

あらゆる溝入れ加工に

4 つの溝入れ工具システム – ユニークな利点

あらゆる溝入れ加工に対応

外径溝入れ、突っ切り、端面溝入れ、内径溝入れの各アプリケーション向けツールホルダー、突っ切り・溝入れ加工用チップ、さまざまな加工に適した工具材種およびコーティングなど:Walter Cut の多岐にわたる溝入れ工具レパートリーは、あらゆる溝入れ加工において最高のパフォーマンスを実現します。あらゆる被削材、溝入れ深さ、溝幅において、Walter Cut は適切なソリューションを提供します。ハイライト:鉄系、ステンレス系、難削材向け Tiger·tec® Silver PVD Al2O3(アルミナ)コーティングチップ

 

Walter Cut DX – "SmartLock" 側面スクリュークランプ機構

突っ切り径 35 mm までの自動盤向けファーストチョイス工具

最高のハンドリング性を持つ DX 突っ切り工具は、スイスタイプ自動盤やマルチスピンドルマシンなど空間の狭い機械での使用に最適です。一般の突っ切り工具はチップクランプスクリューが上アゴ部上面にありますが、DX は側面に配置されています("SmartLock")。機械内にホルダーを取り付けたままチップ交換が可能なのは DX だけであり、チップ交換時間を大幅に短縮できます。クーラントホースの接続により、最高の刃先冷却効果を発揮します。

    チェックマーク特許取得のポジエンゲージ機構によるプロセス信頼性:特に小さなチップ幅において取り付けのミスを予防します


    チェックマーク SmartLock システムにより機械内で容易にチップを交換でき工具交換時間を 70 % 短縮

    Walter SmartLock チェックマーク 最高のクランプ力を発揮する新デザインにより切削条件を高め工具寿命を延長
​​​ ​​
パンフレット画像オンラインカタログ

Wa​lter Cut MX – 多彩な用途

​Φ​ 12 mm までの突っ切りが可能、経済的な 4 コーナー使い

Walter Cut MX は、Φ 12 mm までの小径突っ切りおよび深さ 6 mm までの溝入れに適用可能です。特に精密溝入れ加工に最適であるほか、ねじ切り加工など多彩な用途に対応します。ひとつのホルダーでさまざまな種類のチップを使用でき、NC 旋盤、マルチスピンドルマシン、自動盤にて使用可能です。MX チップは、4 コーナー使いによる経済性の他にも、チップ座でのフィットピン固定により、確実なハンドリング性、優れた繰り返し精度、良好なプロセス信頼性を発揮します。

    チェックマーク セルフアライメントで取り扱いがきわめて容易な縦置きスクリュークランプ


    チェックマーク 安定性に優れた広いホルダーのチップ座面により、切削幅に関係なく最高の制度と安定性を実現


    チェックマーク 特殊チップWalter Xpress 特殊品短納期プログラムにて特殊総型形状などにも幅広く対応

パンフレットビデオオンラインカタログ

Walter Cut GX – 汎用溝入れシステム

2 コーナー使い、2 倍のコスト効率

さまざまなレパートリーを持つ 2 コーナー使い GX チップは、Φ 65 mm までの突っ切りおよび深さ 33 mm までの溝入れにおけるファーストチョイス工具で、角シャンク工具、突っ切りブレード、Walter CaptoTM一体型ホルダー、ボーリングバーなど、幅広いレパートリーのツールホルダーを擁しています。溝入れ、突っ切り、横引き旋削加工:Walter Cut GX 汎用システムは、外径加工から端面加工まで、あらゆる溝入れ加工に使用でき、あらゆる被削材に対応します。

    チェックマーク 幅広いチップブレーカーおよび材種のレパートリー さまざまな用途に最適なチップおよびブレーカーを選定可能


    チェックマーク 2 コーナー使い溝入れ工具 最大溝入れ深さ 33 mm


    チェックマーク 外径、端面、および内径加工 ​- 同じチップですべて加工可能

パンフレットビデオオンラインカタログ

Walter Cut SX – 大径突っ切り、深溝入れ加工

Φ 200 mm までの大径突っ切り加工に対応

深溝入れ加工(≥ 33 mm)には、自己拘束式溝入れ工具が必要です。1 コーナー使いの Walter Cut SX チップは、そのような場合のファーストチョイスとなります。最大 Φ 200 mm までの突っ切り加工が可能な SX は、Tiger·tec® Silver PVD および CVD 材種およびノンコートチップで、鉄系、ステンレス系、難削材、鋳鉄、非鉄金属に使用できます。

    チェックマーク 4 点ロック式自己拘束システムでチップを確実にクランプしチップの脱落なし


    チェックマーク 最適なチップブレーカーでさまざまな用途に対応


    チェックマーク 同じ工具システムをミーリングにおけるスリット加工と共用

パンフレットビデオ​​ オンラインカタログ
 

ニュースレター

ワルターは、製品、サービスおよび業界のトレンドなど、最新情報をニュースレターにて発信しています。メールアドレスのご登録により、次回号より配信します。

メールアドレスを登録する
​​

最新溝入れ加工ハンドブック

溝入れ加工の問題を解決

どの加工にどの工具を選定すべきか?どのチップブレーカーを選定すべきか?どの被削材をどのような切削条件で加工できるか?どのような加工方法があるか?最新版ハンドブックにて、溝入れ加工におけるさまざまな疑問への回答を見つけることができます。電子版は下記リンクからご覧いただけます。冊子をご要望の場合は弊社担当営業までお問い合わせください。​

オンラインハンドブックP​DFダウンロード
溝入れ加工ハンドブック​​

​W​alter Cut による溝入れ加工

溝入れ、突っ切り、横引き旋削加工 – 端面 / 外径 / 内径加工、多様な被削材、さまざまなワーク形状:Walter Cut の溝入れ工具は、あらゆる用途に対応可能です。ここでは、各種用途に対応するチップおよびホルダーを概要図で示しています。


個々のアイテムをクリックすると直接オンラインカタログに移動します:


 

Walter Cut 溝入れ工具を今すぐご体験ください

​ここをクリック
​​ ​

​​