超硬ソリッド穴あけ工具

フランクフルト・アム・マイン(ドイツ)

​Titex Prototyp 超硬ソリッド穴あけ工具およびミーリング工具のリコンディショニング

1890 年:Ludwig Günther がフランクフルト・アム・マイン(ドイツ)に 精密切削工具工場を設立
1980 年:超硬ドリルの生産
1982 年:コーティングの導入
1998 年:超硬ドリルの再研磨サービス
2003 年:XD テクノロジー発売開始
2006 年:Titex 社と Prototyp 社が統合し Titex Prototyp へ
2007 年:Walter Titex がワルターグループのコンピテンスブランドに
2008 年:Walter Xpress 特殊品短納期プログラムを開始
2012 年:フランクフルトのリコンディショニングセンターがグローバル「マスターサイト」に
現在:Walter Titex 製造技術センター、リコンディショニングアカデミー(再研磨施設向けのトレーニング). 約 220 名の社員.

職域:
製造および作業準備、設計、品質検査、ロジスティクス、保守、リコンディショニングなどの製造に近接する職域、人事、IT

製品レパートリー:
高品質超硬穴あけ工具
穴あけおよびミーリング工具のリコンディショニング

生産プロセス:
標準工具および特殊工具(コーティングを含む)、統合 CAD / CAM テクノロジーの採用、
リコンディショニング(新品同様の刃形状とコーティング)

生産設備:
最新 CNC 工作機械および PVD コーティング設備


Walter Titex
Günther & Co
Eschborner Landstraße 112
D-60489 Frankfurt a.M.

Walter Titex & Walter Prototyp  
Reconditioning Center Europe
Eschborner Landstraße 112
D-60489 Frankfurt a.M.