ドリルおよびタップブランクス

スルツ(フランス)

​ドリルおよびタップブランクスの生産

1963 年:Max Christen が会社を設立
1964 年:工具製造を開始
1982 年:超硬マイクロドリルの生産
1989 年:テーパードリル
1993 年:タップブランクス
1999 年:​  HSS ステップドリル
2001 - 2011 年:リコンディショニング
2007 年:超硬ドリルの生産
2016 年:ワルターグループへ統合
現在:約 12,000 m² の生産建屋、約 275 名の従業員

職域:
製造および作業準備、設計、品質検査、ロジスティクス、保守などの製造に近接する職域、財務、人事

製品レパートリー:
高性能ドリル(HSS および超硬)およびタップブランクス

生産プロセス:
CAD / CAM テクノロジーを採用し自動化された研削プロセス

生産設備:
熱処理、円筒研磨、形状研削のための単独および統合加工機、CNC 工作機械、

 
GUNTHER Tools
1 rue Max Christen
CS 80015
F-67250 Soultz Sous Forêts
FRANCE