ランディングギアマウント

ランディングギアマウント

チタン合金


ランディングギアマウントは、ランディングギア上方の翼部構造部に水平方向に配置される複雑な部品です。この部品は翼部とランディングギアを結合し、ギアのメインシリンダーとともに衝撃を吸収します。

大型の鍛造ワークに多数の 3 軸および 5 軸ポケットを有し、主にチタン合金が使われます。チタンの切削においては、工具切れ刃に高熱が発生します。制御できない熱伝導によってワークに応力が発生し、これにより数週間ののちにワークに変形が発生することもあります。加工時の最適な冷却、コントロールされた切りくず排出、高品質の工具および治具がプロセス信頼性を確保するために重要です

接触面の高送りミーリング加工

ワルターのソリューション:
Walter 高送りカッター M4002

  • アプローチ角 15° のフェースミルカッター
  • 4 コーナー使い共用可能チップ(3 サイズ)
  • 目視可能な逃げ面のウェーブ模様で、ブレーカーの識別が容易

利点:
汎用 4 コーナー使い共用可能チップにより、大きな切りくず排出量で経済的な高送りミーリング加工を実現。チタン用の新チップ材種 WSM45X により、工具寿命を最大 2 倍延長。


ポケット部の高送りミーリング加工

ワルターのソリューション:
ConeFit Flash

  • 4 コーナー使い
  • 内部クーラント供給
  • 高送りミーリング専用刃形状
  • 長い工具突き出しに最適

利点:
経済的な高送りミーリング加工を実現するヘッド交換式システム:ConeFit は最大の刃数で最高の切りくず排出量を達成。


ポケット底面の仕上げ加工

ワルターのソリューション:
ハイパフォーマンスエンドミル Ti50 0,55 x D

  • フレキシブルな ConeFit ヘッド交換式システム
  • 最大 7 x D までのポケット底面の仕上げ加工
  • 底面仕上げ加工において最適な段差を実現する新しいデザイン
  • 新しい PVD コーティングテクノロジー

利点:
経済的な底面仕上げ加工と最大の工具寿命を新しい PVD コーティングテクノロジーにより実現。従来の ACN コーティングと比較して 50 % 長い工具寿命。


ウォーターラインプロセスでの壁面仕上げ加工

ワルターのソリューション:
ハイパフォーマンスエンドミル Ti50 1,5 x D

  • 高い振れ精度の特殊 ConeFit 壁面仕上げ加工用工具
  • 壁面の加工段差をなくすため、切れ刃末端に R 部を設けた中仕上げおよび仕上げ加工用工具
  • 7 x D の長さまでたわみは最小
  • 新しい PVD コーティングテクノロジー

利点:
経済的な加工手順(ウォーターラインプロセス)にて、1 本の工具で中仕上げおよび仕上げ加工を完了。従来の ACN コーティングと比較して 50 % 長い工具寿命。