タービンディスク

タービンディスクの加工

インコネル 718


タービンディスクは、6-4 チタンもしくは インコネル 718、ウディメット 720 などの耐熱合金からなるエンジン部品です。チャンバーと溝によりワークピースは複雑な形状であり、工具のアクセス性はよくありません。

ワルターのスペシャリストは、部品の形状に応じた個別の加工ソリューションを開発しています。経済的かつ信頼性の高いソリューションを確実に導入し、ワルターの工具とプロセスが真価を発揮することににフォーカスしています。好ましくない加工の状況においても、きわめて経済的な加工が可能です。


ディスク輪郭の高速(HSC)荒加工

ワルターのソリューション:
セラミックチップと Walter Turn リジットクランプ旋削ホルダー

  • ニッケルベース合金加工用セラミックチップ
  • ニッケルベース合金加工向けの高安定型チップ形状

利点:
高い切削速度と長い工具寿命でのニッケルベース合金加工。


ブレード溝の高速(HSC)ミーリング加工

ワルターのソリューション:
ろう付けセラミックヘッド付き超硬エンドミル

  • 高い安定性と長い工具寿命
  • セラミックヘッドを超硬シャンクにろう付け
  • ニッケルベース合金向け専用設計の刃形状
  • プランジ加工にも好適

利点:
安定性に優れ、高い切削速度で従来の超硬工具と比較して 5 倍の切りくず排出量を達成する「高速切削(HSC、High Speed Cutting)」ソリューション。


ディスク形状の輪郭旋削

ワルターのソリューション:
Walter Cut CaptoTM

  • Tiger·tec® PCD コーティング
  • さまざまなブレーカー形状で多様な加工に対応
  • モジュールおよびチップの特殊ソリューション

利点:
溝入れ、突っ切り、外径旋削加工ができる柔軟な溝入れ工具システム、チップは最高の耐摩耗性と耐熱性を発揮。


ブレード翼根部形状の荒加工および仕上げ加工

ワルターのソリューション:
Walter Prototyp 総型エンドミル

  • 要求される形状に正しくマッチするミーリング加工
  • TiAlN コーティング

利点:
工具は要求されるプロファイルを正しく再現するよう個別に設計され、高い精度を実現