ウィングリブ

ウィングリブ

アルミニウム


ウィングリブは翼内部の構造部品で、ストリンガー(縦方向リブ)とともにウィングスキンのフレームを構成します。ウィングリブは主に鍛造アルミニウム合金製です。

この合金は軽量で大きな荷重を支え、きわめて頑丈です。新世代の 2050 アルミニウムリチウム合金などが用いられます。この合金の最適な加工には、被削材に合わせた工作機械、工具、プロセスおよび加工手順が必要です。ワルターのハイパフォーマンスソリューションは、高効率および高速加工で、チップ式工具、超硬ソリッド工具および PCD 工具のいずれにおいても、品質およびプロセス信頼性に対する高い要求を満たします。

ポケットおよび底面仕上げ加工(HPC)

ワルターのソリューション:
Walter Prototyp HPC Al30 多刃エンドミル

  • 中心刃の微小刃形状を工夫し低い軸方向切削抵抗
  • ビビりを防止する二番切れ刃の微小刃形状
  • MQL 対応内部クーラント供給
  • 一定のねじれ角

利点:
不安定な構造部品の加工時間を短縮。


ポケット構造部の荒加工(HPC)

ワルターのソリューション:
Walter Protoyp Supreme MB 265

  • 材種 WJ30UU(ノンコート)、
  • 材種 WJ30CA(CrN コーティング)
  • エマルションまたは MQL に対応した内部クーラント供給
  • 最大の切りくず排出量を実現する Al-RAPAX G30 刃形状
  • 安定した荒加工を可能にする中心刃

利点:
高性能工作機械において最大の切りくず排出量。


ポケット構造部の荒加工および仕上げ加工(HPC)

ワルターのソリューション:
Walter Protoyp Supreme MB 266

  • 材種 WJ30UU(ノンコート)
  • エマルション / MQL 対応内部クーラント供給
  • 仕上げ加工用 Al 30 刃形状と最大の切りくず排出量
  • 安定した荒加工を可能にする中心刃

利点:
最高のプロセス信頼性を発揮する荒 / 仕上げ加工用コンビネーション工具。


壁面の仕上げ加工

ワルターのソリューション:
Walter Prototyp HPC Al38

  • 壁面仕上げ加工のための不等ピッチ 4 枚刃
  • 外周の遷移 R 部
  • 最適化された微小刃形状
  • 内部クーラント供給 – MQL にも好適

利点:
ビビりのない仕上げ加工およびウォーターラインプロセスによる段差のないミーリング加工。