タービンハウジング

排気マニホールド付きタービンハウジング

耐熱鋳鋼


マシニングセンタでの排気マニホールドおよびタービンハウジングの加工は、工具および工作機械にとって課題の多いものです。

加工には、最高の精度と耐摩耗性が求められます。最も重要な加工は、排気マニホールド面および応力緩和溝のミーリング加工、メインボアのボーリング加工と V ベルトの加工です。長い工具寿命と安定したプロセスを確実なものにするため、工具設計においては最大の安定性が重視されます。

排気マニホールド面の荒加工

ワルターのソリューション:
両面使いチップ付き Walter ヘプタゴンカッター

  • 14 コーナー使い
  • 最新の Tiger·tec® Gold チップ材種
  • チップ座を保護するシムシート
  • クロムニッケル鋼の加工

利点:
クロムニッケル鋼加工時の長い工具寿命と高い送り速度。


タービン内側の加工

ワルターのソリューション:
穴あけ用 Walter コンビネーション工具

  • メインボアの穴あけ
  • V ベルトとフランジの同時旋削
  • マガジン内の工具本数を削減

利点:
安定したプロセスと加工時間の短縮により、メインボアを最高の生産性と高いプロセス信頼性を持って加工可能。


V ベルトの旋削沈み加工

ワルターのソリューション:
ワルターの補間加工工具

  • 有効2枚刃での荒加工
  • コストを最適化する 3 コーナー使いチップ
  • ダブルスピンドル用カートリッジシステム

利点:
長い工具寿命による切削工具コストの 低減 – 同時に加工時間の短縮も実現。


V ベルトおよび内径輪郭形状の仕上げ加工

ワルターのソリューション:
2 個のチップが付いた Walter CaptoTM 旋削工具

  • 1 つの工具で V ベルトと内径輪郭形状を完全加工
  • クロムニッケル鋼加工時の高い安定性、チップ形状の適合

利点:
工具およびチップの卓越した安定性による長い工具寿命と高いプロセス信頼性。