カプランブレード

カプランブレード

マンガンニッケル鋼あるいはクロムニッケル鋼


カプランタービンは軸方向の水流を用いる水力タービンで、その効率は 80 - 95 % です。カプランタービンはビクトール・カプランがフランシスタービンに改良を加えたもので、流速の低い河川の大型水力発電所に特に適しています。

調整可能なインペラは船舶用のスクリューに類似したものです。カプランタービンの製造のために、ワルターは高性能切削工具と最適な加工プロセスを提供します

ブレードフランジ外径の荒加工

ワルターのソリューション:
Walter Xtra·tec® ポーキュパインカッター F4238

  • 幅広い切り込み深さをカバー
  • きわめてソフト切削型の刃形状
  • 高い切削量

利点:
卓越した切削条件による優れた生産性、きわめてソフト切削型の刃形状と新しい Tiger·tec® Silver 材種 WSP45S の使用による高いプロセス信頼性。


フランジの接触面の仕上げ加工

ワルターのソリューション:
Walter カートリッジ式フェースミルカッター F2010

  • 刃振れ調整可能
  • 交換式カートリッジ、単一のカッターボディ
  • 長い工具寿命と高いプロセス信頼性を実現する Tiger·tec® Silver チップ材種

利点:
カートリッジデザインのため、さまざまなチップ形状を活用できる。チップ座カートリッジは容易に交換できる。


ブレードフランジ接続穴の下穴加工

ワルターのソリューション:
Walter Xtra·tec® Insert Drill B4213

  • チップを確実に固定
  • 最適なチップ位置により加工中の切削抵抗をバランス配分
  • 最適なフルートと剛性の高い工具ボディ
  • 硬質ニッケルメッキ表面により摩耗および腐食からボディを保護
  • 外径部のワイパー切れ刃

利点:
高い作業特性による生産性の向上、少ない穴あけ誤差、4 コーナー使いによるコスト低減、高い切削条件、後加工の低減。高い表面品質とプロセス信頼性。


ブレード翼面部の荒加工

ワルターのソリューション:
丸駒カッター F2334R

  • 最適化されたチップ座デザイン
  • 強化アダプター部
  • 切れ刃にクーラントを直接供給
  • 4 コーナー使いチップ
  • チップサイズ: RO.X 10T3.. または RO.X.1204..

利点:
新しいチップ材種が長い工具寿命を実現。