レールおよびポイント

レールおよびポイント

完璧な加工で正しい進路へ


平底レールや溝付きレールの製造では、長い工具寿命の確保が最重要課題です。毎日大きな負荷にさらされるレールおよびポイントに使われる鋼材の強度は 700 - 1600 N/mm2 で、加工は常にチャレンジングであり、さまざまな状況に対応し柔軟に使用できるタフな工具が必要です。パワフルなワルターのミーリング工具はこのような用途に理想的です。ワルターはあらゆるレール形状に対応した、高信頼性かつ高生産性工具を提供します。

加工には、多軸複合加工機および縦型旋盤が使用されます。ワルターの旋削、ミーリング、穴あけおよびねじ切り工具は、最大の効率、精度、プロセス信頼性を実現します


レールヘッドの加工

ワルターのソリューション:
Walter 特殊カッター

  • 工作機械およびワークピースの直径に適合
  • すべての一般的な形状に対応
  • 安定したチップ座と最小の公差

利点:
高い切りくず排出量、長い工具寿命


フィッシュプレートの加工

ワルターのソリューション:
Walter 特殊カッター

  • 最適な切れ刃数
  • 切りくずポケットの最適な配置
  • あらゆる形状の加工

利点:
高い切りくず排出量、長い工具寿命


溝形状の加工(1)

ワルターのソリューション:
Walter プロファイルカッター

  • 最適な切れ刃配置
  • ストレートな深溝とポイントを一発で加工

利点:
高い切りくず排出量、短い加工時間。


溝形状の加工(2)

ワルターのソリューション:
Walter プロファイルカッター

  • さまざまな総型チップ
  • すべての一般的な形状の加工
  • レールヘッド部におけるあらゆる形状の加工

利点:
柔軟性と効率性に優れた精密加工。超硬エンドミルより経済的。