パイプ加工

溶接部およびパイプの加工

パイプ溶接エッジ部ミーリング加工およびパイプ端部加工

パイプ溶接エッジ部ミーリング加工

新しいパイプラインプロジェクトや化学分野における投資により、世界中で特殊パイプの需要が増大しています。競争を勝ち抜くため、パイプメーカーはそれぞれの使用目的に最適化されたハイエンド製品にフォーカスしています。

この分野には、特殊な圧延プロセスにより複合材料化されためっき処理材の使用が増加しており、ミーリング加工がチャレンジングなものとなっています。

ワルターのパイプ加工向け工具には、溶接面の事前加工、溶接部内径および外径のバリ取り工具、パイプ端部加工の工具システムをレパートリーしています。パイプ端部の事前加工は必須です。

工具ボディ
基本的に、固定チップ座付きモノブロックカッターおよびセグメントモジュラー式カッター(いわゆるカートリッジカッター)の 2 種類の工具ボディが使用されます。これによりさまざまなプロファイル形状を加工できます。

プロファイル I、Y、X、X + I

モジュラー式カッターシステム
このシステムでは、一般的にカートリッジ付きの 2 つのボディ(右勝手および左勝手)をニュートラル位置で使用します。プロファイル形状、角度、面取りおよび切れ刃形状は、カートリッジによります。必要に応じてカートリッジを交換することで、プロファイル形状を簡単にすばやく変更できます。万が一の損傷の際は、カートリッジの交換だけで追加作業は不要です。

パイプ端部加工

新しいパイプラインプロジェクトや化学分野における投資により、世界中で特殊パイプの需要が増大しています。競争を勝ち抜くため、パイプメーカーはそれぞれの使用目的に最適化されたハイエンド製品にフォーカスしています。

この分野には、特殊な圧延プロセスにより複合材料化されためっき処理材の使用が増加しており、ミーリング加工がチャレンジングなものとなっています。

正面側のパイプ端部加工には 2 つの加工コンセプトが用いられます: 1. ヘリカル沈み加工 2. 端面加工

パイプの端面加工では、長い切りくずが発生する傾向があります。 コントロールされた切りくず処理は重要であり、革新的なチップブレーカーおよび最新のチップ材種と適切な工具ホルダーの組合せによりこれを実現します。

加工における狙いは、短いサイクルタイムにおいて最適な切りくず処理および長い工具寿命を達成することです。 これは、高い信頼性と最高のコスト効率を同時に達成するということでもあります。