主翼構造コンポーネント

大きな送り量でも安心

フラップ

フラップは航空機の着陸時に必要な翼面の浮力を発生させるもので、翼面の後端に配置されています。

フラップの製造には種々の素材が使用されています。フラップガイドは、ステンレス鋼 15-5 PH、Carpenter C465 あるいはチタン 6AL4V 製となっています。新しい航空機では、チタン / アルミニウム、あるいは CFRP / チタンの複合使用の例もあります。

ポケットおよび輪郭加工は、通常 CNC ミーリングマシンあるいは多軸小型ミーリングマシンで行われます。ワルターの Tiger•tec® Silver PVD 工具は、長い工具寿命と最適な寸法安定性を実現するための適切な工具です。