主翼構造コンポーネント

大きな送り量でも安心

ウィングリブ

ウィングリブは主翼内部の構造コンポーネントです。ウィングリブはストリンガーと共に主翼外被の骨格を構成します。各翼面リブはそれぞれ寸法が異なり、構造も異なっています。この極めて不安定で外部からの影響を受けやすいコンポーネントに最も頻繁に用いられる素材は、アルミニウムと CFRP です。

ワルターのお客様は、チップ式ミーリングカッター、超硬エンドミルおよび場合により PCD カッターを使用して、高能率・高速アルミニウム加工を行っています。CRP 被削材は、ダイヤモンドコーティングされたミーリングカッターあるいは PCD 工具により加工されます。被削材が不安定であるために、輪郭およびポケット加工においては最大のプロセス信頼性が求められます。