大きな送り量でも安心

ランディングギア

航空機の離着陸装置は大型コンポーネントです。発進、そして何より着陸プロセスにおいて莫大な力を支持することになります。エンジンの他にここでも、安全性と機能性について極めて要求の厳しいコンポーネントが過酷な条件下で使用されています。離着陸装置の主要コンポーネントは、離着陸装置マウント、メインシリンダー、油圧コンポーネント、結合エレメントおよびアクスルとホイールです。ここでは大抵の場合、合金鋼とチタンが用いられ、いくつかのタイプの航空機ではアルミニウムが使用されています。

このコンポーネントの主要加工方法は、3 軸および 5 軸ミーリング加工、ボーリング加工および精密ボーリング加工です。このコンポーネントのサイズが加工環境に制約を与えます。大型ミーリングマシンおよび複合加工機が使用されます。これに加えて、極めてトルクの高いマルチスピンドルマシンも使用されます。コンポーネントと被削材に応じてワルターのこの分野のスペシャリストは、ワルターのハイテク工具を使用しての旋削、穴あけおよびミーリング用の適切な加工プロセスを開発します。