生産性でライバルを追い抜く

ブレーキキャリパー

ブレーキキャリパーには種々のデザインのものがあります。油圧で作動するピストンは 1 本か複数か、鋳鉄製かあるいはアルミニウム製かという違いはあっても、作動時にピストンによりブレーキパッドをブレーキディスクに押し付けることで車両の速度を減速させるという役割は常に同じです。運動エネルギーは熱エネルギーに変換されます。安全関連コンポーネントであるため、ブレーキキャリパーの製造においては品質とプロセス信頼性に特別な注意が払われます。

ワルターは、Walter、Walter Titex、Walter Prototyp および Walter Multiply のコンピテンスブランドにより、最新の工具テクノロジーだけでなくあらゆるブレーキコンポーネントの効率的な量産加工に必要なサービスモジュールも提供します。