生産性でライバルを追い抜く

カムシャフト

カムシャフトは、シリンダーヘッドのインテークバルブとエキゾーストバルブを制御します。これによりカムシャフトは、間接的にフレッシュエアの供給と燃焼ガスの排出を制御することになります。個々のカムの形状は、最新エンジンの効率性と出力特性に決定的な影響を与えます。

貨物車ではカムシャフトは無垢材より加工されるのが多いのに対して、乗用車では、無垢材の加工とは異なる工具ソリューションを必要とする一体型のカムシャフトと調整可能なシステムの採用が増々多くなっています。被削材に応じてワルターは完璧な切削工具レパートリーをご用意し、完全な加工プロセスを開発します。