生産性でライバルを追い抜く

トランスミッションギヤ

ギヤホイールはギヤボックス内での力の伝達のために欠くことのできないコンポーネントです。有害物質の排出、低騒音および走行快適性が問題とされる場合には、ギヤボックスが重要になります。

自動車産業においては、ギヤホイール製造用の未加工部品として大抵の場合はだ焼鋼の鍛造部品が用いられます。これには、鍛造部品の典型的な特性が反映されています。未加工部品の内側は柔らかく靱性の高い鋼で、これに外側領域の硬い鍛造黒皮が組み合わされています。この組み合わせは、加工にとっては極めて難しい課題となります。柔らかい部分における良好な切りくず処理から硬い外側部分の加工における耐摩耗性へと変化する要求事項を、長い工具寿命という要求事項と共に達成する必要があります。

ワルターは、Walter、Walter Titex、Walter Prototyp および Walter Multiply のコンピテンスブランドにより、最新の工具テクノロジーだけでなくあらゆるトランスミッションギヤホイールの効率的な量産加工に必要なサービスモジュールも提供します。