より経済的なエネルギーのために

ハウジング

発電プラントのハウジングの製造は、多数の個別プロセスステップで構成される時間のかかる精密作業です。エネルギー産業においては、まさに生産性と経済性が重視されます。

エネルギー産業のお客様向けに、ワルターは加工コンポーネントのすべてのプロセスステップに対応した効率的な一括ソリューションを開発します。個々の切削加工に対してワルターは、旋削、穴あけ、ミーリングおよびねじ切り用の適切な工具を提供しています。

以下はその一例です:

  • Walter 重切削カッター F2265(ジョイント面の荒加工用)
  • Walter スチームタイトカッター(ジョイント面の仕上げ加工用)
  • Walter Xtra•tec® ポーキュパインカッター F4138(荒加工および中仕上げ用)
  • Walter Boring および Precision Maxi(大径のボーリングおよび精密ボーリング加工用)
  • Walter Titex X•treme(下穴の加工用)
  • Walter Prototyp Paradur® HT(止まり穴加工用)
  • Walter MODCO 裏ザグリ工具(背面切削面の全自動ザグリ加工用)
 

ワルターの工具により、工具交換およびクランプ替え時間を最短にし、しかも最高の品質を維持することができます。ワルターの生産性の高いソリューションにより、ワーク取り付け回数を減らして非生産時間を短縮できます。このようにして、より高い価値を創り出します。