より経済的なエネルギーのために

コンプレッサー、静翼および動翼

発電に利用されるタービンブレードは、極めて過酷な温度負荷および物理的な負荷にさらされます。この部分の素材として使用できるのは、インコネルあるいは同様の耐熱合金のような加工の難しい被削材だけです。複雑な形状がさらなる難題となることも稀ではありません。

ワルターはこれらのワークピースに対する一貫した工具ソリューションを提供し、精密性と経済性を実現します。

以下はその一例です:

  • Walter 倣いカッター F2334R(ブレード翼面部の荒加工用)
  • Walter Xtra•tec® 肩削りカッター F4042R(荒加工、中仕上げおよび仕上げ加工用)
  • Walter プロファイルカッター(脚部形状の荒加工、中仕上げおよび仕上げ加工用)
  • Walter Prototyp 超硬ソリッドエンドミル(移行部の加工用)
  • Walter Prototyp ConeFit™ カッター(脚部形状の加工用)

ワルターの工具により、工具交換およびクランプ替え時間を最短にし、しかも最高の品質を維持することができます。このようにして、より高い価値を創り出します。