より経済的なエネルギーのために

フランシスブレード

フランシスタービンは、最大 90 % の高い効率を誇る複雑なプラントです。このタイプのタービンでは水はらせん状のパイプを通ることでスピンを与えられ、ガイドホイールの互いに逆方向へと曲げられたブレードへと導かれます。タービンの出力は、静翼の働きにより負荷変動および水位の変化が生じても一定に維持されます。

ワルターは適切な切削工具を提供し、お客様のためにこの複雑な構造のプラントの製造のための最適な加工プロセスを開発します。

以下は工具の一例です:

 
  • Walter 丸駒カッター(ブレード翼面部の荒加工用)
  • Walter ボールノーズカッター(ブレード翼面部の中加工用)