より経済的なエネルギーのために

ギヤボックス

風力発電プラントのギヤボックスは複数の複雑なコンポーネントで構成されていて、最大のエネルギー収率を確実なものにするために、それらは最適かつ低摩擦で連動する必要があります。

 

ギヤボックスハウジングは形状が複雑なため、ワーク取り付け自体が簡単ではありません。さらに、加工の際にはビビリが発生する可能性もあります。

プラネタリーキャリアにはプラネタリーギヤが取り付けられます。プラネタリーキャリアは、センターギヤ、サンギヤおよびホローホイールを連結します。ミーリングおよび旋削により加工されます。

​​

ギヤボックスの ホローホイール は、低い入力回転数(ローター)を高い出力回転数(ジェネレーター)に変換するためのものです。ホローホイールの直径は、通常 1000~2500 mm です。後処理コスト(研磨)を最少にするため、加工においては歯の最適で厳密な形状のミーリング加工が特に重要になります。

トルクアーム は球状黒鉛鋳鉄製です。ギヤボックスはこのコンポーネントでプラットフォームに固定され、これによりメインシャフトおよびおローターによる回転が回避されます。大きなフラットな形状なため、加工時のビビリの発生を防止するために正しいワーク取り付けが重要になります。

ワルターはギヤボックスのすべてのコンポーネントに対して、適切な加工プロセスと切削工具を提供します。