テクノロジーセンター

実際の加工条件での加工

Walter テクノロジーセンター

提供サービスの内容

テクノロジーセンターは何を提供するのですか?
5,000 m² の敷地に建設された 4 階建てのテクノロジーセンターは、未来の工場を現在において実現するものです。最新の加工およびコミュニケーションテクノロジーを備えたこのセンターでは、未来を体験することができます。 ​

テクノロジーセンタービデオ:

{{ asset.Title }}

{{ asset.Description }}

生産のネットワーク化

デジタルトランスフォーメーションの現実 - すべてがネットワーク化されたインテリジェントファクトリー。実際の生産条件で手順とプロセスのテストおよび改良を行う先進的な環境。
プランニングから完成したコンポーネントまでの全プロセスチェーンがデジタルネットワーク化されています。それだけではありません、将来は、プロセスチェーンのすべての段階が、1 つのアプリケーションプラットフォームによりリアルタイムで情報交換を行うようになるのです。インテリジェントな製品は情報を提供し、お客様に新たな改善の可能性を提示します。

リアルライフエンジニアリング

お客様専用のソリューションを開発しテストする場にお客様自身も居合わせることができるとお伝えしたら、どうなさいますか?私たちのテクノロジーセンターではそれが本当に可能なのです。
  • ワルターは、お客様と各産業分野専用の加工ソリューションの開発を直接に結び付けます。
  • お客様と一緒に、工具、加工プロセス、デジタルアプリケーションの実際を見て、テストし分析することができるのです。
  • 複雑な加工プロセスも AR(各超現実)アプリにより視覚化することができます。
  • お客様のコンポーネントの全ライフサイクルを描写することができ、カスタマイズされたプロトタイプを開発します。そのプロトタイプは、実際の現場で遅滞なく、手間のかかるテストもなく加工に使用できるものです。
それがリアルライフエンジニアリングです。それが私たちの未来へと通じる道です!

トレーニングとイベント

テクノロジーセンターは学びの場です。
マシンホールでは、未来の加工ソリューションの開発とテストが行われています。
6 つのトレーニングルームは、社員、お客様、販売代理店向けの技術トレーニング、ワークショップ、スクーリングのためのものです。すべては実況中継により全世界とネットワーク化されています。

最新のプレゼンテーション技術を備えた会議室では、お客様向けのイベントや分野横断的な専門シンポジウムが開催されます。