2015-11-23

精密ツインクーラントの Walter Cut 深突切りブレード

新しい Walter Cut 深突切りブレード G2042..N-P は、精密ツインクーラントで驚きの結果をもたらします。クーラントはアダプターおよびブレードを通り、直接切削領域のすくい面および逃げ面に供給されます。

この工具は、摩耗の大幅な低減、極めて良好な切りくず排出、そしてより高い切削条件での加工が可能です。ステンレス被削材、鋼および耐熱合金において、精密ツインクーラントにより最大 200 % 長い工具寿命を達成します。もしくは工具寿命をそのままに、切削速度を最大 50 % 高めることができます。新しいシステムのカギを握るのは、クーラント供給用ボタンシールです。組み付け用工具は不要で両側に取り付けることができ、工具外に干渉となる部分がなくクーラントは確実にブレードへと供給されます。

ワルターはこの新しい機構についての特許を出願済みです。Walter Cut 深突切りブレード G2042..N-P は、10·bar·から最大·80·bar·までのクーラント圧力に対応し、ほとんどすべてのタイプの旋盤で溝入れにも突切りにも使用できます。また、勝手なしのデザインのため、汎用的に使用することができます。


メディア向け資料及び画像は当社ウェブサイトより PDF 形式でダウンロードできます。