2015-11-27

細部に至るまで精密

新しい超硬マイクロツイストドリル Walter Titex Supreme DB133 は、精密かつ信頼性の高い加工プロセスできわめて長い工具寿命を達成します。

WJ30EL および WJ30ER は、ワルターがマイクロドリル用に独自開発した材種であり、最高の耐摩耗性を発揮します。新しい刃形状によりプロセス信頼性が向上し、寸法の最適化により、微小穴あけ加工においても最大の安定性を実現します。ドリルの切れ刃は極めて厳しい公差で均等に作られており、ワークの表面品質を最良にします。特殊なフルート形状により、切りくずは内部クーラントなしでも確実に排出されます。そのため、8 x Dc までの穴深さを容易に加工します。

この超硬マイクロツイストドリルは 140° の刃先形状を持ち、被削材グループ P(鉄系)K(鋳鉄系)および N(非鉄金属)の各種被削材に汎用的に使用できます。径範囲は、0.5 ~ 2.95 mm です。クーラントとして、オイルまたはエマルションを使用できます。あらゆる産業分野の、小径深穴加工が必要なお客様にメリットのある工具です。


メディア向け資料及び画像は当社ウェブサイトより PDF 形式でダウンロードできます。