2016-01-11

Walter AG が引き続き Bosch 社「プリファードサプライヤー」に認定されました

独テュービンゲンに本社を構えるハイテク切削工具のスペシャリストである当社は、3 回にわたって Robert Bosch GmbH (以下Bosch社)の「プリファードサプライヤー」に認定されています。これは、自動車メーカー向けサプライヤーとして世界中で部品を生産している Bosch 社が、ワルターを高い品質レベル、イノベーションの能力、そして納期厳守の面で評価したものです。

Bosch 社の長年のパートナーであるワルターは、現在 17 カ国の 50 を超えるBosch社生産拠点に、 チップ式とソリッド工具の標準品、および複合的な特殊ソリューションを提供する特殊工具を納品しています。Bosch 社はワルターの工具を使用して、主に燃料噴射システム、油圧コンポーネントおよびコントロールエレメントの加工を行っています。

今回で 3 度目となる「プリファードサプライヤー」認定は、ワルターが掲げる「Engineering Kompetenz(エンジニアリング・コンピテンス)」を証明するものとなりました。「Engineering Kompetenzの理念の下、私たちは絶えず Bosch 社の切削プロセス改善に貢献し、また当社が常に何か新しいことにトライするよう求められていることをうれしく思います。我々とのコラボレーションにおいては、常に明確で目に見える成功があります。そしてその成功体験がバネとなって、デジタルマニュファクチャリングやインダストリー4.0など、将来にわたっての関係もさらに発展させることができるでしょう。」と当社CEOのミルコ・メルロは強調しています。


メディア向け資料及び画像は当社ウェブサイトより PDF 形式でダウンロードできます。