2016-05-03

鋳鉄加工用新ドリルチップ

ワルターは、高速加工に対応するXtra·tec® Point Drill B401x 向け Color Select 材種 WKK45C のレパートリーを拡張しました。

チップの径範囲は最大 37.99 mm で、31 mm を超える大径加工でも1種類の工具調達で事足ります。新ドリルチップは鋳鉄加工専用に開発した材種を用い、Φ 12 – 37.99 mm においては最大穴深さ 7 × Dc、および Φ 18 – 25.80 mm においては最大穴深さ 10 × Dc の加工に使用できます。

鋳鉄は、もろさ、不均一な組織、砂噛み、荒い鋳肌といった特性があるため、切れ刃への負荷も高く、切削熱も高温になります。P6005-WKK45C チップの母材、コーティング、刃形状は、これらに対応するため最適化されています。PVD 複層コーティングは耐摩耗性に優れる層にサポート層を組み合わせたもので、鋳鉄系被削材に理想的な硬さと靱性のバランスを実現しており、さらに優れた耐熱性も兼ね備えています。Color Select WKK45C 材種のコーティング表面は赤色であり、チップの主要用途(ISO K (鋳鉄系)向け)を示すとともに、摩耗の視認性を向上させるインジケーターとしても機能します。新しいチップサイズにより、より大きな加工径においても、最大 2 倍のパフォーマンス向上、卓越した耐摩耗性と優れた耐熱性、穴あけ時および深穴からの戻り時の高いプロセス信頼性といった優位点を発揮します。


メディア向け資料及び画像は当社ウェブサイトより PDF 形式でダウンロードできます。