2016-06-16

より深く、レパートリーを拡張

ワルターは、高品質かつ極めて良好な価格対性能比を持つPerform DC150 超硬ソリッドドリルを市場に投入しています。

Perform(パフォーム)製品ラインは、ワルター製品の特色である高い品質を維持したまま、必要不可欠な製品性能にフォーカスしています。DC150 は、一般的な被削材に汎用的に使用でき、中~小ロットサイズの加工を手掛けるお客様にとって特に使いやすい製品となっています。コーティングおよび工具材種はワルターが独自開発し、きわめて優れた耐摩耗性と切りくず排出を実現しています。小さい穴深さ(3 x Dc および 5 x Dc)のドリルには WJ30RE が、深穴加工用ドリルにはより摩擦の少ない WJ30TA が採用されています。

ワルターは、3 × Dc(クーラント穴なし)、 5 × Dc および 8 × Dc(クーラント穴付き)で構成される既存の Perform DC150 レパートリーに、 12 x Dc(クーラント穴付き) および 3 x Dc(クーラント穴付き) の 2 つの新製品を追加しました。 Perform DC150 ファミリーは約 1000 のサイズで、一般的なすべての穴あけ加工用アダプターに対応します。最高の経済性と、高い精度およびプロセス信頼性のコンビネーションという利点は、新しいタイプでも変わりません。Perform 製品ラインは、最高の理論値や極限の切削速度ではなく、多様な用途、高い経済性、そして 100 % のプロセス信頼性を重視するすべてのお客様にとって価値ある工具です。


メディア向け資料及び画像は当社ウェブサイトより PDF 形式でダウンロードできます。