2016-03-18

Walter AG がヨーロッパおよびアジアでの新しい営業部門トップを任命

独テュービンゲンのハイテク切削工具メーカー Walter AG は、グローバルにおける営業地域管轄の再構成を実施しました。それに合わせ、経験豊富な当社のマネージャーであるキム・サイデルマン(Kim Seidelman)およびディミトリー・アンドリーフ(Dmitry Andreev) を、それぞれアジア地域および東ヨーロッパ地域のリージョナルプレジデントに任命しました。

Walter AG はこれまでの 3 地域体制に代えて、4 地域体制でグローバルでの営業を展開します。4地域はアジアとアメリカ、およびヨーロッパにおける 2 つの営業組織から成ります。そのうち1 つは西欧および南欧市場を管轄し、もう 1 つの組織にて中欧よび東欧を担当します。営業組織の再構成と合わせて、ワルターは 2 名の新しいリージョナルプレジデントを任命しました。アジアパシフィックは、Walter USA マネージング・ディレクターであったキム・サイデルマンが地域統括を務めます。ディミトリー・アンドリーフは、新たに構成された中欧および東欧地域の営業組織を統括します。

「カギとなる2つのポジションに、社内の人材リソースから経験豊富なマネージャーを任命できたことを誇らしく思います。」と Walter AG 社長のミルコ・メルロ(Mirko Merlo)は述べています。「私たちは自らに対して正直です。我々の国際的なマネージメントチームは、ターゲットとなる市場においてお客様の多様性を反映します。欧州を 2 つの営業地域とすることで、お客様との距離はより近いものとなり、テクノロジーに関する高い要求にも柔軟かつ集中した対応が可能になります。」

アジアパシフィック(所在地:シンガポール)リージョナルプレジデントのキム・サイデルマンは、当社での経歴を1998 年より開始しています – 新たに構成された中欧・東欧地域(所在地:サンクトペテルブルク)リージョナルプレジデントのディミトリー・アンドリーフは、1999 年より 当社の一員です。



メディア向け資料及び画像は当社ウェブサイトより PDF 形式でダウンロードできます。