2016-01-26

Tiger·tec® Silver テクノロジーを採用した新しい RP7 チップブレーカー

Walter の両面使いネガチップ用新チップブレーカー RP7 は、研磨されたチップ座面と、耐欠損性に優れる特殊 T-ランドデザインにより、旋削荒加工において最高のプロセス信頼性を実現します。

Tiger·tec® Silver コーティングテクノロジーは、より長い工具寿命を達成し、切削工具コストを低減します。加えて荒加工においてよく使われる片面使いチップと比較してコーナー数が 2 倍であり、大幅なコスト削減が可能です。これらの特徴と最適なチップブレーカーの組み合わせにより、新しいチップは特に難加工条件における「問題解決工具」となります。

このチップブレーカーは、安定した切れ刃が必要な場合において MP5/RP5 チップブレーカーの代替となります。特に、強断続切削、取り代の均等でない鍛造部品、および中程度から厚めの鋳肌を持つ鉄系ワークの荒加工に好適です。新しいチップブレーカーには、CNMG..、SNMG..、TNMG.. および WNMG.. の 4 種のチップ形状があり、材種は WPP10S、WPP20S および WPP30S をレパートリーしています。


メディア向け資料及び画像は当社ウェブサイトより PDF 形式でダウンロードできます。