2016-08-15

チタン加工の最強工具

チタン合金は、硬度が高く熱伝導性が低いという特性により、切削加工は困難になります。また、削り出しの航空機部品においては、素材容積の最大 95 % を切削する場合もあり、これもまた大きなチャレンジです。

完全切刃仕様の Walter BLAXX M3255 ポーキュパインカッターは、まったく新しい工具デザインにより際立った結果を達成します。先端刃は専用チップを用いて特別な設計のチップ座により完全に固定されます。外周刃用縦置きチップは特殊なくびれ形状となっており、切れ刃同士が「オーバーラップ」することにより、刃列あたりのチップ数とカッターの刃数を増やしています。これにより「連続した」完全切刃が、ワークピースを連続して切削します。さらに、内部クーラントが各々のチップに供給されます。新しいチップ配置と大きなフルート溝との組み合わせにより内部クーラントの冷却効果は最大となり、切りくず排出を最適化します。これにより、M3255 は大径工具におけるフル溝加工にも対応します。

Walter BLAXX M3255 は、チタン合金の溝削り加工、輪郭加工、ポケット加工に適しています。チタン加工専用のL65T チップブレーカーは 2 種類の材種を選択可能です。WSM45X は最大の切りくず排出量と長い工具寿命を実現し、WSP45S は難しい加工条件においても高いプロセス信頼性を発揮します。シャープな切れ刃が、低い切削抵抗と大きな切りくず排出量を実現します。Walter BLAXX M3255 の直径範囲は 50 ~ 80 mm で、加工時間の短縮、最大の切りくず排出量、そして高いプロセス信頼性が特徴です。


メディア向け資料及び画像は当社ウェブサイトより PDF 形式でダウンロードできます。