2017-03-09

洗練されたスペシャリストミーリング工具 Supreme MD133

新製品の Supreme(シュプリーム) MD133 は、ワルターとして初めてリリースする、ダイナミックミーリング加工用途に専用開発されたエンドミルファミリーです。直径 6 - 12 mm(z = 5)または 16 - 20 mm(z = 6)、 切れ刃長さ(Lc)3 × Dc、首下長最大 4 - 5 × Dc のこのエンドミルは、長い切れ刃長さによる小切削幅・大切り込み深さでの加工というダイナミックミーリングに最適なデザインとなっています。ニック付き刃形状により、長い切れ刃においても短い切りくずを確実に生成します。このエンドミルには、アプリケーションに応じて、鉄系ワーク用の WJ30RD (副次的な用途として鋳鉄にも対応)とステンレス鋼用の WJ30RA(副次的な用途として、難削材(ISO S)と非鉄金属(ISO N)にも対応)の 2 つの材種があります。この新しいエンドミルは、難削材や不安定な加工の状況(機械、ワークピース、クランプ)に対応します。

顧客の利点として、プロセス信頼性の改善(特に無人運転時)、高い切りくず排出量と短い加工時間のコンビネーションによる生産性の向上が挙げられます。切れ刃の全体を使用するダイナミックミーリング加工は、工具の摩耗が均等に進行します。加えて、発生する切削熱は多くが切りくずにより消失するので、工具寿命も改善されます。多くの優れた特徴を持つ Supreme MD133 は、量産加工のみならず、少量多品種生産のお客様にとっても検討に値する工具となっています。この新製品は、一般部品加工、航空・宇宙産業、エネルギー産業、金型などの各産業分野に好適です。


メディア向け資料及び画像は当社ウェブサイトより PDF 形式でダウンロードできます。