2017-05-09

確実なタップ加工 – UNC ねじのレパートリー拡大

ワルターは、マーケットで長年にわたり実績のあるねじ切り工具 Paradur® HT タップの製品レパートリーを拡張します。既存の M4 - M36 および M10×1 - M33×2 に、UNC 1/4 - UNC 1 を追加しました。HSS-E 母材の新タップは、特に最大 3,5 × DN までの深穴加工に適しています。既存のレパートリーと同様に、このタップはストレートフルート、軸方向内部クーラント供給および TiN コーティングという特徴を備えています。

専用切れ刃形状により、切りくずが長くなる被削材においてもきわめて良好な切りくず処理が可能であり、軸方向内部クーラント供給により、短い切りくずを確実に排出します。引張強度が 700 - 1400 N/mm²(200 - 410 HB)の 鉄系被削材、およびダクタイル鋳鉄(FCD)の加工に最適です。この工具の利点:切りくず絡みをなくし、プロセス信頼性が非常に高い(無人加工に最適)。きわめて長い工具寿命、プロセス安全性、良好な切りくず処理性により、機械停止時間を大幅に削減し、経済性とパフォーマンスを向上。このタップは、一般部品加工やエネルギー産業などの分野で幅広く用いられます。


メディア向け資料及び画像は当社ウェブサイトより PDF 形式でダウンロードできます。