2018-07-03

狭小スペースでの高信頼性旋削ねじ切り加工

ワルターは、MX 溝入れ工具ファミリーに A60 および AG60 ねじ切りチップを追加しました。既存の溝入れ加工用 MX チップ(CF5/GD8: 溝入れ・突っ切り加工用 、RF5: 溝入れ・倣い加工用フルR)と同様に、A60 / AG60 ねじ切りチップも 4 コーナー使いです。

切れ刃は 60° 部分プロファイルとなっており、0.5 - 3.0 mm の広いねじピッチ範囲をカバーし、制限のあるワーク形状またはサブスピンドル付近の狭小スペースにおける旋削ねじ切り加工に特に適しています。また、MX システムが持つ利点である高い経済性、両勝手において同一のホルダーを使用できる汎用性などの特長は、ねじ切り加工においてもそのまま発揮されます。

MX システムはあらゆる被削材に適用可能であり、溝入れ加工においてはチップ幅 0.8 - 3.25 mm、溝深さ最大 6 mm の加工が可能です。チップ座は、縦置きクランプでセルフアライメント機能を持つユニークなデザインとなっており、専用のフィットピンが確実な位置決めを行い、同時に間違った取り付けを防ぐとともに、ねじの締め付けに伴ってチップは幅広の面でホルダーに拘束され、高い寸法精度と繰り返し精度を達成可能です。チップ拘束面の研磨工程は切れ刃の研磨工程から独立しており、チップ厚みが保たれることにより、MX システムは高い安定性を維持します。標準品では対応できない特殊形状チップは、Walter Xpress 特殊品製作プログラムにより最大 4 週間の製造納期にて、最低発注数 10 個より対応します。


メディア向け資料及び画像は当社ウェブサイトより PDF 形式でダウンロードできます。