2018-08-06

フレキシブルな大径ねじ加工

ワルターはチップ式ねじ切りカッター T2713 の発売を開始しました。新しい工具コンセプトの本工具は、ビビり防止機能を持つ D61 ブレーカーとの組み合わせにより、これまでにない結果を達成します。

T2713 は、他社工具と比較して径方向切削抵抗が少なく、長い突き出しにおいてもきわめて安定です。複数刃列仕様の T2711 / T2712 は同時加工により高生産性を達成できますが、単数刃列仕様の T2713 はあらゆる用途に適用可能なフレキシビリティが特長であり、M24 - M85、または UNC 1 - UNC 3½ において 3 × DN までの加工深さに対応します。T2713 は、メートルねじおよびインチねじの両方において、さまざまなねじピッチとねじ長さに対応し、生産性およびプロセス信頼性の点で競合品よりも優れていることを製品開発におけるターゲットとしました。工具ボディのフルート部は良好な切りくず排出性を確保するとともに工具のたわみを防ぎ、長い突き出しでの加工においても完全な真直度を持つねじを作製できます。

T2713 は逃げ面に特殊刃形状を持つ新しい D61 ブレーカーのビビり防止効果により、少ない刃数にもかかわらず競合他社工具よりも優れた経済性を達成します。クランプが好ましくない場合および工具の突き出しが長い場合、ビビりを抑えてスムースに加工できます。インターフェースは工具径により、Walter CaptoTM とウェルドンシャンクの 2 種類があります。


メディア向け資料及び画像は当社ウェブサイトより PDF 形式でダウンロードできます。