2018-09-03

抜群の耐摩耗性で 2 倍の工具寿命

ワルターは旋盤加工用新サーメットチップ WEP10 の発売を開始しました。この材種は、超微粒子 TiCN / CN 母材と Ni/Co バインダーの組成となっています。

仕上げ加工において、耐摩耗性に優れる複層コーティングサーメットは、コーティング超硬チップと比較して 2 つの利点  - きわめて長い工具寿命および優れた寸法精度 - があります。サーメット材種専用の刃先処理により、切削速度の高低にかかわらず高い面粗度および面品位を達成可能であり、 Ra / Rz 値を満たすだけでは充分でなく、外観も重要となる自動車のインテリア部品などに最適です。

WEP10 は ISO P(鉄系)被削材のほか、ステンレス鋼と鋳鉄にも適用可能です。寸法精度の厳密な維持が可能なため、部品加工の途中における寸法補正を最小化できるとともに、高いワーク品質、不良発生数の減少および工具交換時間の短縮による生産性の向上を実現できます。この工具は、一般部品加工、エネルギーおよび自動車産業、特に仕上げ加工(トランスミッションシャフトおよびギアホイールの連続/軽断続切削)に最適です。


メディア向け資料及び画像は当社ウェブサイトより PDF 形式でダウンロードできます。