穴あけ

最適なものをお客様へ


ワルターは、穴あけ、ボーリング、精密ボーリング、リーマーの各種加工用途に、幅広いレパートリーの穴あけ工具を提供しており、各種産業分野における穴あけ加工を、最高の精度と最大の効率性で行うことができます。ワルターの穴あけ工具レパートリーは、直径 0.05 mm - 100 mm の超硬 / HSSソリッドドリル、およびさまざまな先端ポイント交換式 / チップ交換式工具があります。精密ボーリング加工用工具は、アナログ工具に加えて、自動バランス補正機構付きデジタルソリューションもレパートリーしています。カウンターシンクおよびリーマー工具も、各種被削材において最高の加工結果を達成します。


3 つの製品ライン - さらなる効率性

ワルターの 3 つの製品ライン、Perform(パフォーム)、Advance(アドヴァンス)および Supreme(シュプリーム)は、工具コストと穴あけパフォーマンスにおいてそれぞれ独自の優位点を持っています。Perform ラインの工具は、特に中~小ロットサイズの加工に適しており、鉄系、ステンレス系、アルミニウムなどさまざまな被削材および用途に使用できます。Advance ラインの工具は、工具コストと良好なパフォーマンスのバランスを達成し、豊富な製品レパートリーで中規模ロットサイズの量産加工に強みを発揮します。Supreme ラインの工具は、ハイエンドの穴あけ加工に必須の特別な品質を備え、大ロットサイズの量産加工において、最大の切削速度と最長の工具寿命が求められる場合におけるファーストチョイスです。ワルターの穴あけ工具は、あらゆる種類の穴あけ加工において穴径の大小にかかわらず、また、鉄系、ステンレス系、鋳鉄、非鉄金属、耐熱合金、チタン合金、焼き入れ鋼、チルド鋳鉄などのあらゆる被削材グループにおいて、常に最高の品質での加工を実現します。




特性の最適化によるパフォーマンス向上

高い切削パフォーマンス、少ない摩耗、最適な切りくず排出、バリ発生の最小化などを実現するため、ワルターは開発段階より、加工において達成すべきすべての事項をできる限り満たすようにしています。超硬ドリルや HSS ドリルなどに使われる工具母材は、組成により、高い耐熱性、きわめて高いレベルの靱性もしくは耐摩耗性を発揮し、工具の品質にとってきわめて重要です。特にハイパフォーマンスドリルや特殊工具においては性能を左右します。また、刃形状およびドリルの設計も、高品質の穴あけ加工にとって重要です。最適に研磨されたドリルは、良好なセンタリング精度と高い送りを実現し、生産性を向上させます。オイルホール付きドリル工具の内部クーラント供給機構は、工具寿命を最大化するとともに、最適に設計されたフルート形状とのコンビネーションで、確実な切りくず排出を実現します。超硬ドリル、HSS ドリルおよびチップ交換式ドリル用のチップには、用途に応じて表面にさまざまなコーティングが施されています。コーティングは、摩擦を減らして切りくず排出性を改善するとともに、刃先に生じるきわめて高い熱負荷から工具母材を保護します。



Holemaking

すばやく簡単に正しいドリルを見つける

ワルターには、加工に適切なドリルをすばやく簡単に見つけ出すことができる、さまざまな選定ツールがあります。オンラインカタログでは、ワルターのドリル、ボーリング、精密ボーリングおよびリーマー工具のレパートリー全容をご覧いただけます。Walter GPS は、数ステップの操作で、用途および被削材に応じて加工に最適な穴あけ工具をを選定し、切削条件および一般的に見込まれる工具寿命の予測を算出できます。Walter eLibrary アプリは当社のカタログ類を電子的に一覧できます。お客様からの個別のご相談も随時承ります。詳細は各国地域の当社窓口にお問い合わせください。