ガイドパッド仕上げ

リーマー加工特殊工具

穴あけ、ボーリング、リーマー加工:これは、最適なプロセス信頼性を得るための典型的な加工順序です。前加工を効率的に行うために、高性能な Walter 穴あけおよびボーリングツールを使用できます。
リーマー加工の場合は、複数の加工ステップを 1 つのリーマー工具でまとめて実施できると全体の加工時間が大幅に短縮されます。穴形状の仕上げ加工まで可能なステップ工具やさまざまな作業に対応できるコンビネーション工具を使用することが技術的に可能であり得策です。ワルターのエンジニアは、ガイドパッド式リーマー工具の分野で何十年にもわたる経験を持っています。

性能と利点:

  • 極めて精確に、しっかりと組み込まれたガイドエレメント
  • 交換可能、調整可能な精密チップ
  • 鋭利に研磨された刃先と特殊な切れ刃形状
  • 幅広い用途分野:鋳鉄、鋼材、非鉄金属
  • 大きな直径で、公差が IT7 以下
  • 真円度、真直度、同心性が高い
  • プロセス信頼性が高い
  • 内部クーラント供給により切削条件および工具寿命が向上

 
R4060 および R4061 シリーズのリーマー標準レパートリー、ならびに標準のリーマーチップ P6500 に加えて、95 % の特殊工具と特殊チップが製造されています。その設計においても、ワルター社エンジニアの幅広い経験と知識が活かされています。

リーマーを使用するお客様のメリットとなるのは、高いプロセス信頼性とコスト管理のしやすさです。摩耗部品(チップ)は現場で交換できます。リーマー用の Walter セッティングデバイスを使用すると、短い時間で再び工具の準備を整えることが可能です。その際、同じ設定値を利用することにより同じ穴品質が得られます。設定後の最初の穴あけからすぐに、測定切削なしで再び品質の高い穴を加工できます。

工程能力指数(Cpk)が重視される工程に、この調整可能な工具は最適です。MQL 供給、軽量化設計、アンバランスの最適化といったキーワードに対して、本工具の設計者は確実な答えを出すことができます。