テクノロジーソリューション

個別、精確、確実

溶接エッジ加工

溶接エッジを精密加工するための Walter 工具ソリューションは、原則としてお客様の要求に対応して、ワルター社エンジニアリング部門のスペシャリストが設計します。その際に、ワルターがご提案するのはモジュラー式のミーリングおよびカートリッジコンセプトだけではありません。たとえば、パイプ端部加工などのための特殊な旋削ホルダーコンセプトも提供することが可能です。

ミーリング工具としては、直径範囲 12 mm~1200 mm、切削幅 2 mm~100 mm の特殊工具があります。

各種の形状に対応するため、ミーリング工具および旋削ホルダーのいずれにも、標準工具または特別に適合された特殊工具が用意されています。また、チップ形状およびチップ材種に関しては、最新の Walter テクノロジーが採用された標準チップが使用されます。

性能と利点:

  • ソフトな切削による理想的な切りくず処理
  • 低騒音によりプロセス信頼性が向上
  • Tiger∙tec® および Tiger∙tec® Silver テクノロジーにより工具寿命が向上
  • 難しい荒加工作業においても確実な条件が得られる、極めて安定性の高い回転プレート
  • 切れ刃保護チャンファー付きの安定した切れ刃デザインにより荒加工時の安定性が最大
  • クーラントなしで使用可能