旋削のソリューション

旋削のソリューション

仕様に応じた工程、加工単価の低減

機械製造のリソース、成長、イノベーションの制約により、切削加工や旋削工具には常に新たな課題が突き付けられています。さまざまな被削材あるいは薄肉のワークの断続切削、精密転造には特殊なチップ材種、特別なチップ形状、適切な加工方法やプロセスが必要とされます。

ワルターは、品質と経済性の向上に役立つ、旋削用の特殊なコンビネーションツールなど、日々の競争に勝つための強みをお客様に提供します。さらに、調整された加工プロセスと多刃コンビネーションツールにより工具交換やクランプ替え時間が減少します。

 
ユーザーにとっては、最適に適合されたプロセスと工具により加工単価と加工時間が減少するというメリットがあります。そして、工具が省スペースになったことで、旋削センターに交換用工具を収納することができます。
ワルターは、溝入れおよび旋削用の標準工具ホルダーとチップを幅広く提供しています。常に開発が続けられているチップブレーカー形状(FP5、MP3、MP5、RP5 など)により、仕上げおよび荒加工で最高の結果を得ることができます。ワルターの新しい Tiger∙tec® Silver コーティングは、これまでに達成できなかったような長い工具寿命を実現します。
Walter Capto™ レパートリーは、迅速な工具交換に関して理想的な工具ソリューションです。ユニークな多角形の形状により最高の安定性、ならびに芯高さと工具長さに対して +/- 2 µm の繰返し精度を実現します。加工プロセスに応じて測定切削は不要となります。Walter Capto™ レパートリーは、あらゆる DIN ISO 旋削用チップをカバーします。
溝入れに関しても、ワルターは広範なチップとホルダーを提供しています。突切り、溝入れ、横引き加工のいずれにも最適な工具があります。ワルターのチップと適切な溝入れホルダーを組み合わせることで、高い切削条件の下で同時に高いプロセス信頼性と最高の表面品質を得ることができます。