めねじ加工においては、塑性加工可能なあらゆる被削材の転造タップ加工が普及しています。転造部刃形状とコーティングの開発により、ステンレス鋼を含めた塑性加工可能なあらゆる被削材を、あらゆるマシニングセンタを使用して 5 % のエマルションで転造することが可能になりました。コンピテンスブランド Walter Prototyp の転造タップは、動負荷に対する強度と寸法精度の高いねじ山を加工できます。

性能と利点:

  • 切りくずの発生しない加工
  • ねじ山の静的および動的な特性が向上
  • 止まり穴および貫通穴ねじを 1 つの工具で加工可能
  • 最高の精度と経済性
  • フルートが必要ないため高安定型の工具仕様

     

ここには、私たちの製品レパートリーの抜粋が掲載されています。ワルターが提供する全製品の概要については、ワルター総合カタログをご覧ください。