信頼性の高い切削工程において寸法安定性に優れたねじ穴加工を実現するために、ワルターはコンピテンスブランド Walter Prototyp により各種のねじ切りミーリング加工に対応する広範な工具プログラムを提供しています。

ねじ品質とプロセス信頼性に関しては、ねじ切りミーリング加工自体が最良の方法です。従来の方法に加えて、最近ではいわゆる「オービタルねじ切り加工」が市場に広まっています。それにより、難削材においても圧倒的な信頼性と経済性を持って、非常に深くて(例:3 x D)非常に小さい(例:M1,6)めねじを加工することが初めて可能になりました。

ここには、私たちの製品レパートリーの抜粋が掲載されています。ワルターが提供する全製品の概要については、ワルター総合カタログをご覧ください。